2016年10月25日

第2回マコモダケオーナーズ倶楽部< 後編 - BBQ - >

農園からBBQ会場へ向かい、まず泥を落とします。
これがなかなか落ちない。家に帰ってお風呂でさらに
ゴシゴシとこすってようやく落ちました。。

IMG_6794.jpg

IMG_6799.jpg

BBQ会場で豚準備中の銀座店長大江さん。
早くもぐったり。
「あ、暑いっす・・・!」
炭の熱気にやられた模様。

IMG_6811.jpg

まずは軽いおつまみが登場。
黒猫夜の定番、茹で揚げピーナッツ磯海苔和え
(通称のりピー)と五香豆干の葱ニラ和え。
胃袋の準備運動。

IMG_6813.jpg

IMG_6802.jpg


大江さんが朝からしっかり準備してくれていたので
それほど待たぬ内に、焼きあがりました!
モモの部分が火が通りづらくて難しいですね。

IMG_6810.jpg

IMG_6814.jpg

IMG_6816.jpg

IMG_6819.jpg

北京烤鴨(ベイジンカオヤー)ならぬ
千葉烤猪(チエンイエカオチョー)!(言いづらい。。

カリカリの皮が香ばしい!
肉のついている部分は肉の弾力と共に楽しめる
贅沢ゾーン。

IMG_6821.jpg

先ほど採った黒猫農園野菜も揃いました。
前回の反省もあって、今回はちょうどよい量。
しっかり完食。

そして、今日の主役、マコモダケ登場!
まず、自家製台湾風の味噌を塗り、焼きました。

IMG_6822.jpg

IMG_6826.jpg

IMG_6824.jpg

「おいしい!」
焼くだけでも十分おいしいマコモダケ。
伊藤さん曰く「生でマヨネーズつけて食べるとおいしいですよ」
野菜スティック感覚でもイケる、と。

IMG_6835.jpg

IMG_6836.jpg


マコモ焼き、ウザワさんから「またやってほしい!」と
リクエスト入りました。選定に入るウザワさん。
マコモの葉と皮を剥く、みなさん。

IMG_6841.jpg

IMG_6844.jpg

次は、豚とマコモのコラボレーション。
トマト、パクチと和えて自家製四川風のドレッシングで
和えたサラダ。
辛くてお酒のおつまみにぴったり!

IMG_6845.jpg

IMG_6856.jpg

IMG_6861.jpg

黒猫農園の空芯菜。ビニールハウスで通年栽培を試験的に行っています。
早速炒めてみましたが・・・えぐみがあり、硬い。
今回は、パス。
参加者うえのさんはご自分でも料理をよくされるようで
旦那さんと大江さんを質問攻め!これも
普段の営業時にはできない、イベントならではの光景ですね。

IMG_6862.jpg

IMG_6867.jpg

IMG_6874.jpg

次の料理は、マコモダケとスルメイカを炒めました。
たっぷりのスルメイカとたっぷりのマコモダケで
食べ応え抜群です!

IMG_6883.jpg

IMG_6884.jpg

途中、トイレへ行った際
景色が良すぎて思わず撮影した風景たちです。
このとき、スマホを落としたのでした。。
(バスに乗る直前に気づいて回収。仕組まれた奇跡!自作自演!)

IMG_6894.jpg

IMG_6896.jpg

IMG_6902.jpg

マコモダケオーナーズ倶楽部は
2回とも天候に恵まれました。
この写真を見返しながら
本当に良かったな〜としみじみ思います。

IMG_6913.jpg

IMG_6890.jpg

マコモ回鍋肉。
そろそろお腹が一杯に。。

IMG_6914.jpg

IMG_6915.jpg

農園オーナーの秋葉さんがいらっしゃいました。
第1回で一緒に野菜の収穫をしてくれたお子さんと。
あれ?少し大きくなった?
子供とマコモの成長は、早い。

IMG_6923.jpg

黒猫夜からの大量注文で、マコモの梱包に追われる伊藤さん。
すみません。。いつもありがとうございます!

IMG_6926.jpg

最後の料理。秋鮭とマコモダケの土鍋飯。
炭との闘いも大詰めで、心なしかすっきりとした表情の
大江さん。
代わる代わる火を扇いでいると・・・

IMG_6928.jpg

大和田さんがお手伝いに!!
いつもイベントにご参加頂いているだけでも
感謝、感謝、なのに。
ありがとうございます

IMG_6943.jpg

IMG_6932.jpg

IMG_6931.jpg

陽が傾くのも早くなってきて、秋の訪れを感じます。
年々短くなっていくような、秋の期間。
だからこそ、大事にしたいですよね。
そのときそのときを(ちょっとクサいですね。。

IMG_6940.jpg

IMG_6944.jpg

ようやく完成!土鍋飯!

IMG_6950.jpg

IMG_6936.jpg

しかしもうみなさん、グロッキー状態に。。
「お腹一杯だーー」
ようやく心置きなく食事できる大江さんが
土鍋にかじりついておりました。。
お疲れ様です。


IMG_6953.jpg

そろそろ時間に。
今日収穫したマコモダケは好きなだけ
お持ち帰り頂きました。
みなさん、どのように調理されたのでしょうか?
煮ても焼いても蒸しても漬けても
何でもいける、マコモダケ!

IMG_6962.jpg

IMG_6961.jpg

IMG_6964.jpg

IMG_6965.jpg

このバスに向かうときの気持ちというのは
今日も終わったなという達成感の気持ちよさだったり
終わってしまうのかー、という寂しさだったり
いろいろな想いが入り混じります。

まぁ、バスに乗れば
あっという間に夢の中へ行ってしまうのですが。。

帰りは予想通り渋滞に巻き込まれ、
トイレ休憩のため下道に出たりまた高速に乗ったりと
行きの倍、時間がかかりましたが
夜8時30分。赤坂見附到着致しました。

IMG_6987.jpg

IMG_6989.jpg

IMG_6990.jpg



というわけで
マコモダケオーナーズ倶楽部、全2回。
無事に終了致しました。

後日参加者のみなさんにメールをし、感想を頂きました。

「収穫もBBQもとても楽しく、マコモダケや豚も美味しかったので大満足です」
「楽しく自然に触れあえたばかりか、あんなに美味しいお料理をアウトドアで
プロの方に作っていただけて、大感激でした」
「今回も楽しい一時を過ごすことができました。晴れたのが最高でした。
農作業の後の宴会は格別ですね。田んぼの泥に入ると身も心もリフレッシュ
されるようです。門倉さん、旦那さんをはじめスタッフの方々に感謝いたします。」

などなど、ありがたいお言葉。。
疲れも吹っ飛びますね!

僕らにとっても、
みなさんとゆっくり触れ合える貴重な場所です。
どうやったら楽しんでもらえるのだろう?
どうやったらおいしいものを出せるのだろう?
など、普段と違ったアプローチで考える機会としても。

来年の予定は未定ですが、また何かやれたらなと思います。
ご興味のあるみなさん
ぜひ、黒猫農園へ遊び来てください!!
お待ちしております。

IMG_6956.jpg

Q.コマさんは何回親指立てポーズをしてくれたでしょうか??
正解者には〜・・・何か考えておきます笑
posted by 黒猫夜 at 14:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: